2012年度 関東同窓会DATA

  • 幹事学年:高36回(代表幹事:山内善行)
  • 日時:2012年6月16日(土)14:00~
  • 場所:都市センターホテル
  • テーマ:”やらまいか!” 日本一創造的な同窓会
  • 主な企画:
    創造のヒント 分科会
    ・ 創造の扉を開く「心のプロセス」とは(久米是志氏)
    ・ 危機に直面するたび人類を救った 「農業の創造力」(小塩海平氏)
    ・ 惑星探査とデータ科学のコラボで 太陽系創造の謎を解く(田中利幸氏、杉田精司氏)
    ・ いま、エンタテインメントが 明日のために創造すべきもの(梶望氏)
  • 参加人数:393名(講師5名含む)

 

当時の開催報告記事より
6月16日(土)、関東支部総会が都市センターホテルにて、開催されました。

あいにくの小雨にも関わらず、過去最大規模393名(講師5名含む)の浜松一中・浜松北高同窓生に参加いただき、大いに盛り上がる会になりました。

36回生は、これも驚異的、82名が結集。
多少のトラブルはあったものの、複雑な企画を概ね「きちんと」こなし、全般的には大成功と言ってよいでしょう。

実際に参加された方から、企画、「もてなし」など、様々な多くのあたたかいおほめの言葉をいただきました。
主催の苦労も一瞬に吹き飛んだのではないでしょうか。

参加された皆さま、準備・運営に多大なご協力をくださった先輩・後輩の皆さま、ありがとうございました。
そして、36回生の各幹事・部会長・サポーターのみんな、本当にご苦労様でした。

以下、3部構成プログラムです。

第1部 ウェルカムラウンジ・音と映像の演出 14:00~
1. 開会の辞(同窓会会長 初澤明博様)
2. 本日の内容(関東支部総会実行委員長 山内善行)
3. 移動の説明および移動

第2部 創造のヒント 分科会 14:25~
・ 創造の扉を開く「心のプロセス」とは(久米是志氏)
・ 危機に直面するたび人類を救った 「農業の創造力」(小塩海平氏)
・ 惑星探査とデータ科学のコラボで 太陽系創造の謎を解く(田中利幸氏、杉田精司氏)
・ いま、エンタテインメントが 明日のために創造すべきもの(梶望氏)

第3部 懇親会 15:45~
1. 開会の辞(関東支部長 有馬朗人様)
2. 祝辞、乾杯(浜松北高学校長 鳥居春仁様)
3. 同窓会総会案内(総会実行委員長 能勢雅光)
4. 引継式、36回生から37回生へ
5. 大合唱、ふるさと・浜松一中校歌・浜松北高校歌)
6. お礼のことば(関東支部総会実行委員長 山内善行)