カテゴリー別アーカイブ: スタッフ日記

お食事の時間について ご連絡

お食事について、念のためのお知らせです。
12時開会となっておりますが、第一部は演奏会となっており、懇親会は14時の開始となります。
実際に、お食事を召し上がっていただけるのは、14時以降となりますので、ご注意くださいませ。
通常のお昼ごはんの時間とずれてしまいまして、大変申し訳ありませんが、ご調整いただき、お越しいただければ幸いです。

banner0704

須川さんのCDと書籍の即売決定!

スペシャルゲストの須川展也さんのCDと書籍を、演奏会が終わった後の休憩時間に、ホワイエで販売できることになりました。
素晴らしい演奏をご自宅でもお楽しみいただけます。
申し訳ありませんが、現金のみでの販売となりますので、お求めになりたい方は、現金をお持ちくださいますよう、よろしくお願いいたします。

北高ボート部OBで「お台場レガッタ2014」に出漕しました!

関東在住の北高ボート部OB・OGの世代を超えた交流と懇親を深めるべく、6月29日に東京お台場海浜公園の特設300mコースで行われた「お台場レガッタ2014」に有志で出漕しましたので、ご報告します。

北高ボート部は1970年創部と比較的新しい部ですが、これまでに全国大会での優勝や大学でもボートを続け複数の日本代表選手を輩出するなど、ボート界でも文武両道の名門校として一目置かれる存在です。現役部員の支援と会員の親睦を目的にOB・OG会として「雄図会(ゆうとかい)」が組織され、年1回の佐鳴湖での初漕ぎやOB・OG総会などを浜松で定期開催していましたが、関東在住の会員も数多く今回38回の発案によりレガッタ参加が実現しました。

お台場レガッタは、日本ボート協会が主催し日ごろ目に触れることの少ないボート競技を観光スポットであるお台場で開催することで、広くボート競技への理解を深めることを主目的にしています。今年で5年目を迎え、経験者だけではなく初心者や小・中学生の部もあり、総勢128クルーが参加する一大イベントに成長しました。

出漕メンバー左から 石貝、栗原、山内、近藤、平野、湯口

出漕メンバー左から
石貝、栗原、山内、近藤、平野、湯口

出漕クルーは36回の山内善行さん、栗原浩夫さん、40回の近藤健太さん、そして38回の湯口康弘、石貝剛、平野敦嗣が参加し、試合の応援に36回の冨田佳明さん、39回の岡本晋さん、大会運営ボランティアとしても尽力されていた28回の寺田喜宣さんらがお台場に集合しました。

レースの模様。一番手前を激漕中!

レースの模様。一番手前を激漕中!

レガッタは午前と午後の2レースの合計タイムで争われ、我々はチャレンジ(経験者)男子ナックルフォアの部に出漕しました。忙しいメンバーゆえクルー全員が揃ったのは当日のみ、中には30年ぶりにレガッタに参加した者もいてぶっつけ本番の状況でしたが、そこは北高ボート部で培ったチームワークと根性でカバー、1レース目のタイムは全18クルーの中で何と4位とメダル入賞を狙える位置に!!意気込んで迎えた午後のレースはあいにくの荒天(雷)によりレース中止(順位つかず)となり、メダル獲得の夢は来年へ持ち越しとなったのでした。

午前中のレースタイムは、全18クルー中4位!!

午前中のレースタイムは、全18クルー中4位!!

レース中止後急いで艇の片づけをしている最中に突然バケツをひっくり返したような豪雨となり、午前中の晴天からゲリラ豪雨というまさに激動の一日でした。しかし、観光スポットであるお台場で久しぶりにオールを握った充実感と、「意外とまだまだ漕げる!」と自信を取り戻した参加メンバーはその後居酒屋でさらに懇親を深め、来年はきちんと練習し準備万端でリベンジを果たすことを約束したのでした。

艇上のヒトコマ。手前から近藤、湯口、山内、栗原。

艇上のヒトコマ。手前から近藤、湯口、山内、栗原。

今回の初参加をきっかけに、このお台場レガッタ出漕を関東在住の北高ボート部OB・OGの恒例行事とし、同窓会のさらなる交流の輪の広がりと世代を超えた親睦を深めていきたいと思います。

応援メンバーと共に。背景はレインボーブリッジ。左から冨田、山内、湯口、栗原、平野、石貝、近藤、岡本。

応援メンバーと共に。背景はレインボーブリッジ。左から冨田、山内、湯口、栗原、平野、石貝、近藤、岡本。

OBOG吹奏楽団練習中!

今年の関東同窓会では須川さんの演奏に加えて北高卒業生有志による吹奏楽の演奏を企画しているのは、 当サイトでご案内のとおりです。 先日、ご参加いただける吹奏楽団のメンバーが集まり、合奏練習を行いましたのでご報告します。

腕に覚えのあるメンバーもいれば、久しぶりのメンバー(私も二十ウン年ぶり)もいて、 合奏前はどうなることやらと思いましたが、今回の音楽監督山田(高38回)がしっかりとまとめていきます。 奏者の実力にあわせた個々への指導がわかりやすく、奏者もそれを理解して演奏を作り上げていきました。 練習の最後には参加者みんなが充実感を得ることができたと思います。

10255753_481190985360703_7619907239157435953_o

それにしても、みんなで音を出した瞬間、一瞬で北高音楽室にタイムスリップ!

10373844_629014870522072_7893325695326326982_nあの頃感じていたものを思い出し、本当に懐かしさが込み上げてきました。 複数回の合奏練習と、あとは各々で個人練習をして当日に臨みます。 ご列席のみなさまにも歌で参加いただき、世代を越えた同窓生同士の一体感を感じて頂ければと思います。 ご期待ください。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております。

(高38回 田中謙一)

41・42回の方との親睦会を行いました

幹事を引き継いでからこれまで、様々な代の先輩方と数々の親睦会(という名の飲み会!)をおこなってきました。
それぞれの分野で活躍されている立派な肩書の方も多く、最初は緊張したものですが、同郷というのは不思議なもので、一杯飲んだあたりには、すぐにリラックス…。打ち解けることができました。
幹事活動への具体的なアドバイスがいただけるのもありがたいのですが、普通ではお会いできない方とお話しできる事自体がとても楽しいものでした。

そこで、もうすぐやってくる総会幹事の恐怖におののいている後輩の方にも「意外と楽しいよー」ということを早めに伝えたいな、と41・42回の方との懇親会を企画してみました。

後輩とはいえ、社会でご活躍されている方々ばかりでしたが、やはり、皆さんとすぐに共通話題で盛り上がることができ、楽しい時間を過ごすことができました。
途中で、「え!? ●●さんの妹さんなの?」「こちらは、●●さんの弟さん!?(似てる!)」というようなこともあり、最後は、みんなで集合写真を撮ろう!というテンションに…。

会場担当海野くんが、天に召される、みたいになっちゃいました…

お店が暗く、会場担当海野くん(右手前)が、天に召される、みたいになっちゃいました…

これまで面倒を見ていただいた先輩方のように、かっこよくアドバイス、などとはいきませんでしたが、自分たちの中にもこの回の人達が幹事の時には手伝ってあげよう、という気持ちが芽生え、少しは襷をつなぐ一助になったかな、と思います。

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

あああ

こう見ると先輩後輩まったくわかりませんね! 人は見た目が年齢……!?

 

 

あの北高OGの方にインタビューを行いました

今年の関東同窓会では、メイン企画として、HPでご案内していますように、「須川展也さんソロ演奏とOBOG吹奏楽団との共演」と、「映像による企画」を予定しています。

そして、風薫る5月某日、都内某所にて、映像企画のワンシーンとして、ある、世界的に大活躍中されているあのOGの方に創立120年のお祝いコメントをいただく撮影を行うことができました!ym02

まるで来日した外人タレントのようにお忙しいスケジュールの中、わずかな日本滞在の間にいただいたとても貴重な機会の直前、手土産も持って準備万端の私たち5名のスタッフの緊張感たるや…。 素人丸出し?の私たちの佇まいやインタビューにも快くお答えいただき、勇気や元気をもらえる言葉をたくさんいただきました。撮影後には、お決まりの写真撮影とCDにサインまでいただいて…。〇〇さん、ご協力いただきましてほんとにありがとうございました! 世界で活躍するあのパワーは一体どこから生まれてくるのか…、と思えるほど、可愛らしくて魅力的な方でした!

「さて、どなたでしょう???」

ym01

それは関東同窓会にご来場いただいた方だけにご覧いただけるサプライズ!
映像隊、音楽隊共に、皆様に少しでも楽しんでいただけるよう、一生懸命心をこめて準備しております。ぜひ、ご期待ください!
38回スタッフ一同、皆様のご来場を心よりお待ちしております!

(38回 企画担当 畑薫)

有馬先生へのご挨拶に行ってまいりました

5月2日、初夏の日差しが気持ちの良いこの日に、私、幹事長の長友義幸と広報の木宮志野さんとで、武蔵大学に行ってまいりました。
目的は、関東支部長の有馬朗人先生へのご挨拶。今でも海外でのご講演などでご多忙な有馬先生の貴重なお時間を頂き、今年の関東同窓会の概要についてのご説明、ご案内をしてまいりました。

musashiUNV有馬先生の秘書の方に応接室に通され、待つことしばし5、6分。
微妙な緊張感漂う中、有馬先生が笑顔でご登場されました。初対面の木宮さんは、早速有馬先生と名刺交換。心なしか、いつもより緊張気味。
そりゃそうだよね、私たちからすれば超VIP、いくら先輩とは言っても、緊張してしまいます。

さて、今年の関東同窓会、すでに皆さまにはご紹介した通り、7月6日の日曜日に、ホテル椿山荘東京で行うことを改めてお伝えすると、「あぁ、椿山荘、いい会場だねぇ。よく取れましたねぇ。私も何回も行ったことがあるよ。庭園に五重塔があって……。この時期は、蛍はまだ見られるのかな……?」等々、さすが椿山荘のことはよくご存じの様子。
須川展也さんの演奏会についても「これは楽しみだねぇ」とのコメントをいただき、私たちもホッとしました。
その他、浜松の総会で講演される小宮山先生にお願いするにあたり、有馬先生に東大の総長つながりでお口添えしていただいた経緯もあり、その点についても改めてお礼を申し上げました。

今年は濱松一中・浜松北高が創立120周年であることが話題になると、有馬先生がオランダの大学の創立600周年に、オランダ女王陛下から名誉博士号を授与されたご経験があることや、イタリアには創立1000年を超える大学があることなどを教えていただき、「120周年なんて、まだまだだよ(笑)」と……。

当然、我々、濱松一中・浜松北高にとって、今年の120周年は、あくまでも通過点。自主自立の伝統を引き継ぎながら、新たな時代に向けて大きく飛躍していくことでしょう。
いまだ、世界を飛び回りご活躍されていらっしゃる大先輩にお会いし、私たちもこの北高の伝統をしっかりと引き継いで、北高OBとして社会へ貢献していかなければ、と心に密かに誓いながら、武蔵大学を後にしたのでした(ちょっと大げさ?)。

関東同窓会でも、皆さまに濱松一中・浜松北高の良き伝統を感じていただけるような会にしたいと、心をこめて準備を進めております。
至らぬ点もあるかと思いますが、当日まで幹事一同精一杯頑張ってまいります。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

(高38回 濱松一中・浜松北高同窓会2014関東 幹事長 長友義幸)

須川さんのデビュー30周年コンサートに行ってきました!

4/29昭和の日、関東同窓会で特別演奏してくださる須川展也さん(高32回)のデビュー30周年コンサートに行ってきました。

いきなりびっくりしたのはお客さんの数。なんと東京文化会館大ホールで補助席が出るほどの大盛況!大丈夫か消防法?といらぬ心配しつつ(勿論大丈夫です)暫し演奏を待ちます。

入り口に入るのさえ、この行列です!

入り口に入るのさえ、この行列です!

第一部は須川さんのソロ演奏を中心に据えたプログラムで最初の曲はピアソラ作のタンゴ。
須川さんの深く柔らかい音が会場に満ち、曲の世界にいきなり引き込まれます。感動!
サックスとギターというシンプルこの上ない編成で、曲の魅力である熱い息吹と哀愁を見事に表現。

次はピアノとのデュオでしたが、完全に自家薬籠中の物にしている曲だけあって非常に高い完成度。ピアノとサックスがこれ程美しいハーモニーを奏でるとは!と感動しきり(すいません、私の耳やや低レベルです)。

そして前半最後は須川さんを含めたサクソフォン四重奏の演奏。個人的にはこの日の演奏会の白眉だったと思います。深い共通理解と確かなテクニックに支えられSax4人+Pfが奏でる音楽はまさに圧巻。鈍い私は、ここまで聞いてようやく須川さんの持つ天性のリズム感が、すべての曲においてぐいぐいと観客を引き込む力強いにドライブ感につながっていることに驚愕する(もっと早く気づけよ!)次第でした。歌心にあふれていながら凛とした輪郭を保ち、なお且つスリリングな展開!サックス四重奏のハーモニーは、時にパイプオルガンを髣髴とさせる重厚さ、時に荒ぶる歌の熱唱と様々な魅力にあふれ、いやーたまらんね!あ~感想書くだけで感動&ぐったり。

当日のパンフレットです

当日のパンフレットです

後半戦は全国吹奏楽コンクールで何度も何度も金賞を獲得した実力を持つヤマハ吹奏楽団をバックに、須川さんのサックスがまさに八面六臂の活躍を見せるわけですが、実は私、後半戦に関しては個人的な関心から冷や汗をかいておりました。
というのも、今年の関東同窓会では須川さんの演奏に加えて北高卒業生有志によるブラスバンドの演奏を企画しておりまして、不詳ワタクシメ、高校卒業以来となるホルンでの演奏参加を目論んでおり、久しぶりに聞くブラスの音色、音域、フレーズ、ハーモニー、特にホルンのパートに耳が行ってしまい「やばい!」(当たり前です)等々打ちのめされていた次第。うーむ、練習せねば、と唸っている間に、とうとう最後の曲(須川さん曰く「血管キレそうな曲」)となり、熱演の内にコンサートは終了したのでした。

大満足の演奏会の帰り道、「同窓会当日はこの演奏が至近距離で聴けるのか」との感動を新たにし、かつ「そんな須川さんと一緒に演奏できる!」という高揚感と緊張感がないまぜになって何とも言えない体験となりました。

同窓会に来て頂ける皆様方、「今年は大当たりですよ~!」と声を大にして言いたいです。是非ご期待ください。

あと、ブラスバンド参加申し込みもまだまだ受付中です。腕に覚えの有る方無い方、ぜひぜひご参加ください!(参加のお申し込みはこのサイトの「お問い合わせ」からでも可能です)。

(高38回 矢口賢一)

同窓生チームで駅伝に参加! 

関東同窓会のプレイベントの一環として、同窓生によるチーム(Hamamatsu Kitako Atheletes)を編成し、「ふるさと対抗リレーマラソン」に参加してまいりました。
東京お台場の都立潮風公園内に作られた 1周約2kmのコースを、3時間の制限時間内に何周できるかを競う形式で行われた駅伝です。

幹事活動をしていく中で、在学中は話すこともなかった先輩や後輩との交流が実に楽しく、同窓会当日だけではもったいない!事前に、OB・OGが趣味を通じて交流できる場を作れないだろうか?と、たまたまジョギング好きが多かった38回生が実験的にトライしてみた企画です。
幹事学年である38回卒だけでなく、28回卒から43回卒までと幅広い年代の同窓生21名に参加いただきました。21人を3チームに分割(チームH,チームK,チームA)して参加しましたが、静岡県からの参加は3チームのみ、つまり、わが同窓生チームのみとなり、まさに静岡県代表として北高同窓生が襷を繋ぎました。
このうち、チームHは、男女混合の部で3位入賞を果たし表彰台に上る快挙を達成!!

終了後は、駅伝に参加しなかったメンバーも合流し、同じお台場の沖縄料理店で打ち上げを開催。世代を越えた同窓生同士、さらに親睦を深めることができました。

スタートの様子

スタートの様子

タスキを渡していきます

タスキを渡していきます

大活躍の大谷さん

大活躍の大谷さん!

いい笑顔です

いい笑顔です

なんと3位に!おじさんも捨てたもんじゃない

なんと3位に!おじさんも捨てたもんじゃない

記念の盾です

打ち上げの様子です。参加してくださった皆様、ありがとうございました。

打ち上げの様子です。参加してくださった皆様、ありがとうございました。